アクティブリスニング(積極的傾聴)とは何か、そして親子間でのコミュニケーションにどう役立つのか

アクティブリスニング(積極的傾聴)とは何か、そして親子間でのコミュニケーションにどう役立つのか

子どもたちが直面している問題について話をするとき、つい「なんとかなるよ」と言ってしまいがちです。しかし、素っ気ない態度をとってしまうと、子どもたちが思いを打ち明けにくくなってしまいます。

お子さんとの会話の中で、お子さんの考えや不安に感じていることを感じ取り、お子さんがそれらについて話しやすい環境を作るよう心がけてください。より良いコミュニケーションは、アクティブリスニング(積極的傾聴)が鍵となります。お子さんの抱える問題を急いて解決しようとはせず、まずはお子さんに共感してください。つらい時はいつでも話を聞いてあげると伝えましょう。

アクティブリスニング(積極的傾聴)の実践

下記の親子間の会話から、アクティブリスニング(積極的傾聴)のスキルをどのように活用すればよいかを学びます。

親: あら、何かあったの?

子供: 何でもない。放っておいて。ドアをノックしてよ。

親: ごめんね。あなたの泣き声が聞こえたと思ったから。どうしたのかお母さんに話してみてくれないかな?

子供: お母さんにはわからないことだから。

親: そうかもしれないけど、ぜひ聞かせてほしいな。同じような経験をしているかもしれないもの。

子供: 本当?

親: 本当よ。どうしたの?

子供: (泣きながら)私だけ友達の誕生パーティに呼ばれていないの。

親: そうだったの?それは辛いわね。

子供: 思ってもないこと言わないで。別に私がひとりぼっちじゃないことはわかってるけど、でも、でも…

親: ちょうど同じくらいの年頃だったときにね、親友とよくビーチに遊びに行っていたの。でもある日、「もう行きたくない」と言われた。その後、その親友が他の子とビーチで遊んでいるのを見かけてしまったの。

子供: それでどうしたの?

親: 最悪な気分だった。家に帰って泣いていたら、あなたのおばあちゃんが気付いてくれたの。

子供: おばあちゃんはなんて言ったの?

親: 今の私たちみたいに2人で話をしてね、おばあちゃんは「必ず乗り越えられるから」と言ってくれたんだよ。

子供: 乗り越えられたの?

親: ええ、おばあちゃんが言った通り、そのうち乗り越えた。あの時はかなり騒いだから、やかましかったかもしれないけど、でも、お母さんにとっては、とっても深刻なことだったの。あの友達から否定されたときの感情を、今でも覚えているから。

子供: 私のこともやかましいと思ってる?

親: いいえ、そんなことないわ。その気持ちがとってもよくわかるからね。仲間はずれにされたらイヤだよね。

子供: 私、どうすればよいかわからない。

慎重に言葉を選びながら尋ね、自分の経験も少し話すことで、親は子どもがどんな悩みを抱えていたかが分かりました。そして子供は、話を聴いてもらっている、支えてもらっていると感じたのです。一連の会話の中で、子どもが抱える悩みはちっぽけなことでも大げさなことでもないということをお子さんにしっかり伝えているため、今後につながる話ができていると言えます。

プライバシー保護のため、ここで紹介している人物の個人名は、匿名にしています。しかし、掲載している話の内容はすべて真実です。

アクティブリスニング(積極的傾聴)の効果

紛争状況(戦争やストライキなど)での交渉における有効な手段として、対立する相手の言葉をおうむ返しに繰り返して言うことで、 

例えば 「友達に嫌われてしまったかもしれないって、心配でたまらないんだね?」 などとそのまま繰り返して言います。はじめは不自然に思うかもしれませんが、

交友関係がこじれたことでお子さんの自己肯定感が低下してしまったときにも、こうすることで自信を取り戻しやすくなります。愛情をしっかり伝え、お子さんの長所に目を向け、楽しいことを考えられるようにしましょう。

ダヴ セルフエスティーム(自己肯定感を高める)プロジェクトの専門家クリスティーナ・バートン博士によると、アドバイスしようと自分の経験ばかりを語ってしまう親もいるそうです。バートン博士は次のように語っています。「親は、お子さん自身の問題だと認識することが大事です。お子さんのペースに合わせてください。お子さんが自分の感情や考えに正直になれて、それを表現できるようになることが重要だからです」 

次のステップ

  • お子さんに合わせて、さまざまな方法を試してください。例えば、1日のさまざまな時間帯でお子さんと話をしてみて、コミュニケーションを最も取りやすい時間を見つけてください。
  •  散歩や外出をすると、いつもより話しやすいかもしれません
  • 効率的な話の聞き方とは、問題の詳細よりも、感情に集中することが大切です。「どう思ったの?」とお子さんのその時の感情を尋ねてください。決めつけたり、推測するのは避けましょう。
  • アドバイスをする前に、お子さん自身がどうやって解決しようと考えたのかを尋ねてください。自分なりの問題解決方法や自分に対する自信の持ち方を、お子さん自身で見つけられるようになります。
  • 親子間での秘密の暗号を決めておくことで、信頼関係を築き、コミューニケーションを向上させることができます。「親子の絆を築く暗号」 をご覧ください。