化学物質によるダメージを受けた髪の補修

化学物質によるダメージを受けた髪の補修

  • 1
    適切なコンディショナーを選ぶ

    キューティクル(髪を保護する役割)がダメージを受けると、髪の内部までダメージを受けやすくなります。ダヴ ダメージケア コンディショナーのように、キューティクルを保護してダメージから守るコンディショナーを試してみませんか?

  • 2
    化学薬品を使用したケアは計画的に

    ヘアカラーを定期的に行う場合には、化学薬品を使うので計画的に行いましょう。間隔をあけて髪を休める時間を取ってください。いつもは8 週間ごとにカラーを行っている場合は、10 週間ごとにしてみてはいかがでしょうか。いつも髪全体にカラーをしている場合は、根元だけにカラーをしてみてはいかがでしょうか。

  • 3
    最適なトリートメントを見つける

    ブリーチをしている場合には、それにあったケアの方法を考えましょう。ブリーチなどでダメージを受けることもあるので、その際のケアとしては、ダヴ ダメージケア トリートメント オイルのような補修ケアに特化したトリートメントがおすすめです。

  • 4
    ヘアトリートメントを試してみる

    化学薬品を使ったストレートパーマでは、髪内部のプロテインの結合を一度切ってから、髪の形状を整えて、再度結合させています。そんなときにも、なめらかな髪を手に入れるために、ダヴ ダメージケア トリートメントで、うるおいケアを。

  • 5
    オイルに注目

    化学薬品を髪に使用すると、キューティクルを美しく保ち、髪のツヤを守る成分である脂質が除去されやすいために、髪が傷んだり、ツヤが失われやすくなったりします。静電気を抑えてツヤ感を出すために、ダヴ うねりケア シャンプーのような、失われやすい脂質を補うオイルを含んだ製品を試してみてください。

  • 6
    うるおいを補う

    化学薬品によってダメージを受けた髪をケアするには、うるおいを毎日補うことも大切。うねりを抑えてツヤを与えるヘアオイルをお試しください。