セヒー・チュン、22歳

若い頃はもっと太っていて、その頃は自信がありませんでした。外にも行かず、友達にも会いませんでした。学校に行ったら、すぐに帰宅して、食事をし、寝ていました。鏡に映る自分の姿が嫌でした。SNSからの圧力からも大きな影響を受けていました。  

「経験を重ねるにつれ、私は今の自分に満足しているということをより深く認識するようになりました。私は生まれた瞬間から美しかったのです。しかし、自信が揺るぐときもありました。そのときは私は美しさを失ったと思ったのです。しかし、美しさが消えたことはなかったのです。私は今、美しく、今までずっと美しかったのです。私は健康です。それ以上にもっと重要なのは、私は他の人がどう思おうともう怖くないのです。」- セヒー、22歳
@Dove

今では、自分自身を見て、「かわいい!素敵!」と思えるようになっています。(寝起き直後は違いますが...)このように思えるまで、長い時間がかかりました。自分の体と心について、ポジティブになろうと努力しています。健康のために減量を頑張りましたが、それと同時に自分についてよく思うように、とても努力しました。 

イギリスに住んだことで、自信を持つことに役立ちました。生まれた韓国にいるときは、周囲の目を気にして体重のことばかり気にかけていました。イギリスでは皆、このお尻を認めてくれています。ここでは豊満さが美しいとされているからです。そして、この自分を生んでくれた私の家族に対する褒め言葉を聞くと、嬉しくなります。私は生まれたときから美しいのです。美しさを失ったと思い、自信を失っていたのですが、そうではなかったのです。美しさは消えることはありませんでした...私は今、美しく、今までずっと美しかったのです。