アフア・ボーテング、22歳

自分とは似ていない背の高くて痩せたブロンドの白人女性が登場する美容製品の広告に囲まれていたために、若い黒人の女の子として美しさを狭い視野で捉えるようになってしまっていました。皮膚の色の問題だけではなく、髪のタイプや体型の問題もありました。自分は同じようになれないし、それでも良いのだと受け入れられるようになるには時間がかかりました。若い頃の自分に会えたら、美しさとは何か、物の見方を広めるように言いたいです。 

「私はパンクミュージシャンで、この業界にいることで、多くのさまざまな美の表現を見てきました。その中の1つだけに従いたいとも思わず、従う必要もないのだということに気づきました。子どもの頃見た美容関係の広告や雑誌にあるように、皆同じに見えることは本当に変なことで、非現実的であるということを学びました。」- アスア、22歳
@Dove

私はパンクバンドでベースを演奏しています。周りに従う必要がないからです。パンクの世界は、私は皆と同じように見えなくてもいいのだ、ということを教えてくれました。私が好きなミュージシャンは全員、こうした美の基準に従わなくてもいいのだ、といった主張をしています。それがかっこいいと思ったのです。

今、美しいと思っています。私は自分の大きな鼻が本当に好きです。私の家系の女性の多くが、私と同じ鼻の形をしています。だから私の顔の重要な特徴です。 どこにでもある大きな鼻ではないのです。特別なものなのです。