ダヴ 美しいを選ぼう

ダヴ 美しいを選ぼう

朝、目覚めた瞬間から私たちは色々な選択をしています。あと5分寝るか、今すぐ起きるか。髪の毛を結ぶか、おろすか。靴はヒールにするか、フラットシューズにするか。

自分自身を美しいと思うかどうかはどうでしょう。

自分を美しいと思うか、平均的かと思うかも、他の選択と一緒で、自分が決めるものなのです。でも、自分が美しいと言うのには、抵抗がありますよね。自信を持っている女性でさえも使いにくいこの言葉。

「美しい女性」とはモデルなどを表現する言葉で、自分には当てはまらない。「自分は美しい」と考えているなんて、周りからどう思われるか心配。多くの女性がそんな風に考えてしまうことを、ダヴは理解しています。

2016年ダヴは、世界中の女性の「美しさへの自信」に関して調査を行い、その結果、「自分の美しさに自信がある」と答えた日本人女性の割合はわずか8%でした。調査対象13か国中、日本は最も低い13位です。ダヴはもっとこの数値が高くあるべきだと思います。

ダヴは考えます:自分が美しいかは、流行や雑誌や他人の許しを得て決めることではないのです。美しいかどうかは自分で決められます。他人が決めるべきではなく、自分自身で決めることなのです。

美しさを選ぼう。の舞台裏

美しさを選ぼう。の舞台裏

この考え方に対して世界中の女性に共感してもらうために、ダヴは新しい動画を制作しました。私たちは世界中の女性にメッセージを伝え、さまざまな女性の考え方や意見を理解したいと考えました。そこで、サンフランシスコ、上海、デリー、ロンドン、サンパウロの5つの都市を訪れて、文化が女性の美の選択にどのような影響を及ぼすかを調べ、常にポジティブに考えるように勧めました。そこで、ダヴが最も伝えたかったこと。それは、いつ、どこにいても、朝起きて自分が美しいか、平均的なのかを決めるのは、あなた自身であるということです。  

そうですよね。簡単ではないですよね。でも自分を信じることで変われます。先は遠いと思うかもしれないけど、まずは第一歩、美しいを選ぶことから始めてみましょう。